株式会社 丸晃住販
宅地建物取引業者
免許証番号:埼玉県知事(7)第15088号
〒369-1871 埼玉県秩父市下影森2078番地3
秩父病院入口
お問い合わせ

丸晃住販は土地や不動産の無料査定、資産運用のご相談や秩父エリアの土地・新築住宅・中古住宅等の不動産情報までお気軽にご相談ください。

QRコード

スマートフォンでも
ご覧いただけます

保証&アフターサービス

徹底された保証とアフターサービス

丸晃住販の住宅専門スタッフによる点検・修理・住まいのアドバイス等のアフターサービス。
住宅の長期にわたる保証体制で快適な住まいを全面サポートします。

住宅保証制度

新築住宅の取得をお考えの皆様へ、住まいを守る法律があります。住宅瑕疵担保履行法により、新築住宅供給する住宅事業者(建設業者や宅地建物取引業者)は、瑕疵の補修が確実に行えるよう保険か委託によって、あらかじめ補修に必要な資金を確保することが義務付けられています。(株)丸晃住販は、上記の保険に加入しております。

※住宅瑕疵担保責任保険とは住宅保証機構が提供する、新築住宅をサポートする保険です。

※瑕疵とは?…本来、持っているべき性能を持っていないこと。

住宅瑕疵担保責任保険の安心ポイント

保険がサポート

瑕疵が見つかった場合は丸晃住販が無料で補修します。補償費用は保険がサポートします。

現場検査を実施

工事中に第三者による現場検査を実施します。

保険金が支払われます

万が一、事業者が倒産した場合は直接保険金が支払われます。
支払われる保険金…対象となる補償費用から免責金額10万円を引いた額。
※保険金は通常、住宅業者に支払われます。

雨漏りや住宅の傾きなど、補修費用を10年間保険がサポート

新築住宅のお引渡しから10年間、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分に瑕疵(欠陥)が発見された場合、丸晃住販は無料で補修します。

保険の対象となる基本構造部分(例)

保険の対象となる基本構造部分(例)

保険期間 10年間(原則お引渡し日から)
支払われる保険金の
お支払限度額
2千万円

※上記は住宅瑕疵担保履行法で定められた金額です。

※一戸建住宅でオプション契約を選択した場合は変更となる場合がございます。

お支払いする主な保険 ◎補修費用 ◎調査費用 ◎仮住居・移転費用
工事中に、専門の検査員(建築士)が現場検査します。

保険に加入する住宅は、保険の基準に基づき、工事中に専門の検査員による現場検査が行われます。

トラブルにも対応

万が一、トラブルになっても専門の紛争処理制度(あっせん、調停、仲裁)が利用できます。

申請手数料 1万円

しろあり保証制度

事業・住戸 登録制 Joto キソパッキング工法 城東テクノ株式会社
自信があるから、10年間・最高500万円の長期安心保証です。

Jotoキソパッキング工法は、基礎と土台の間にキソパッキンを所定の間隔で敷き込み、隙間から床下換気を行う工法です。
床下換気を「キソパッキンを用いて全周で確保する」ことで、住宅の施工精度や耐久性・構造安全性、省エネ効率など、家づくりには欠かせない住まいの品質を高めます。

  • 床下木部を湿気から守り、腐れや白アリを寄せ付けない!
  • 断熱材の性能を高める省エネ効果。暑い所では爽やか、寒い所では暖かくなる。
  • 高耐久性で二世代、三世代と長持ちする!
  • スベリに対する安全性は、日本唯一の実大実験で証明済み!

基礎強度の比較

従来の工法
従来の工法
  • 基礎に換気開口部を設けるのに上端を切断するため耐力が低下。
    地震に弱く、クラックの原因になりやすい。
  • 基礎と土台が接しているため、土台が腐る原因になる。
キソパッキング工法
キソパッキング工法
  • 基礎と土台の間が換気口なので配筋など施工が簡単。基礎は頑丈。
  • 基礎と土台が離れているので土台が腐らず、乾燥状態を維持。

住まいの省エネ・耐久性の条件は 湿気の除去。

キソパッキング工法は、床下全域の湿気を排湿できる良好な床下環境をつくることで断熱材の性能を維持。さらに土台の腐れを防ぎ、シロアリや腐朽菌を寄せつけない好条件をつくることになります。

  • ムラのない全周換気でコーナーの隅々まで換気。
  • 断熱材の中の湿気も排湿して断熱材の性能を維持します。
  • 床下の乾燥状態を維持し腐朽菌の発生を未然に防ぎます。
キソパッキング工法

換気システムの排湿効果

従来の工法
従来の工法

※角の部分は風通しが悪く湿気がこもりやすい

キソパッキング工法
キソパッキング工法

※全体的に風通しが良く隅々までスッキリ換気

1.5~2倍の排湿効果

コンクリートの基礎と木質の土台を絶縁しました。
キソパッキング工法
  • 土台がコンクリートの水分を吸収するのを防ぎます。
  • 土台の適度な乾燥化により腐れを防ぎ、シロアリを寄せ付けません。
  • キソパッキンとキソパッキンの間は常に開放面となりさらに木材の乾燥を促進します。

※シロアリの蝕害を予防する条件は、良好な換気環境を確保することです。

※法令では、地面から1m以下の木部には防腐・防蟻措置を行うことが
義務づけられています。

地盤保証制度

保証期間

保証する期間は、地盤調査報告書に記載された調査実施日より10年間です。

補償内容
  • 地盤損壊による不同沈下事故が発生した場合、建物の修復費及び
    地盤損壊の修復費について合算で5,000万円を限度として補償。
  • 地盤損壊による不同沈下事故が発生した場合、地盤の修復費について
    1,000万円を限度として補償。(ただし建物の費用限度内に含まれます。)
保証について
地盤調査と対策方法~あなたの大切な家、地盤からお守りします~

もしも、軟弱地盤の上に家や建物を建ててしまったら・・・

もしも、軟弱地盤の上に家や建物を建ててしまったら・・・

「いざ、マイホーム」とお考えの方、住宅展示場などで直接眼で見ることができるのは、住まいの外観と間取りですが、住まいで最も大切な部分の中に地盤があります。建ててからでは見ることができません。

「せっかく建てたのに、しばらくしたら家が傾きはじめ住めなくなった」
こういった事例は後をたちません。
1000棟に1棟の割合で起きている軟弱地盤が原因による事故のことを「不同沈下事故」といいます。
丸晃住販では不同沈下事故を未然に防ぐ事そして、建物・地盤を10年間お客様に代わって守り続けるために、地盤保証制度「Gメン(地面)」を取り入れています。

保証費用は1件あたり 105,000円(税込)

家作りは、地盤を知ることが大切!

宅地地盤が良好地盤か軟弱地盤かを調べる方法として一般的に多く用いられるのがスウェーデン式サウンディング試験と言われる調査方法です。
これは地面に鉄筋棒を突刺し、鉄筋棒に荷重を架け地盤支持力を算定する方法です。
この方法と地表面のロケーション調査を組み合わせて総合的に地盤解析をして基礎形式を選定します。
丸晃住販では、家を立てる前に良好地盤なのかどうかを確認して、不同沈下事故を未然に防ぐことを日々努力しています。
その他、色々な地盤調査方法がありますが丸晃住販では、家や建物の規模に応じて適切な調査を実施するよう努めています。

1.調査方法

(1)調査方法

スウェーデン式サウンディング試験(自動または手動)

(2)調査箇所数

1宅地45ポイント。不良箇所があれば調査箇所を増やします。

(3)調査深度

最高調査深度10m または影響範囲まで調査します。

手動による試験
手動による試験
自動による試験
自動による試験

2.宅地地盤解析方法

(1)地盤の硬いところ軟らかいところを判定します。
(2)宅地にあった基礎工法を選定します。

  • 標準基礎(ベタ基礎)で良いのかを判定
    判定結果が悪い場合は、標準+補強工法を採用し、その地盤に合った最も安全で、経済的な工法 (表層改良、柱状改良、小口径鋼管杭、その他の工法)を選定します。

地盤に適した基礎を選ぶには

  • 同じ地盤でも建物の種類・構造により、基礎選定は変わります。
    上調査により得られたデータにより基礎の選定をします。
  • 標準工法で良いのかを検討します。
    その後、補強がいる場合についてのみ、補強工法を選定します。
1.地盤がよい場合の家の基礎は?

丸晃住販では、良好地盤に家や建物を立てる場合の基礎は、ベタ基礎と呼ばれる基礎を採用します。
最も一般的に多く採用されている工法です。

地盤がよい場合の家の基礎は?

2.宅地地盤解析方法

万が一、地盤が悪い場合(軟弱をふくみます)
軟弱地盤の上に家を建てる場合には、べた基礎下の地盤を補強すれば安心して家を不同沈下などから守れます。 補強方法は、色々ありますが一般的に多く採用されている工法は表層改良、柱状改良、小口径鋼管杭工法等です。この他にも色々な地盤改良工法がありますが、家の大きさや家の重さなどを考慮して選定します。

■表層改良工法

一般的に1m~2m程度の軟らかい層に採用します。

  • 現場の土を掘削してセメント系固化剤と攪拌して地盤の支持力を上げる工法です。
表層改良工法

■柱状改良工法

一般的に6m程度までの軟らかい層に採用します。

  • セメントで柱状(φ400mm~φ800mm程度)の柱を作り地盤の支持力をあげる工法です。
柱状改良工法

■小口径鋼管杭工法

一般的に20m程度までの軟らかい層に採用します。

  • φ101.3mm~190.7mm程度の小口径鋼管杭を使用して支持力を作り建物の安定を図る工法です。
小口径鋼管杭工法

資料請求・ご相談はこちら

株式会社 丸晃住販

電話 0494-23-1515 9:00~18:00
FAX 0494-24-2353 (24時間)

丸晃住販はこの秩父市を中心に、横瀬町・皆野町・小鹿野町の土地や新築、中古住宅、田舎暮らし物件などの不動産を多く取り扱わせていただいておます。

メールでのお問い合わせはこちらから
ちちぶ空き家バンク
株式会社丸晃住販フェイスブックページ